×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

萌える豆魂 -もやしと共に生きるー

収穫から洗浄・包装まで完全手造り仕様の

深谷もやし 

食の駅 籠原店伊勢丹新宿店、丸正飯塚各店、地産マルシェ各店、とんとん市場深谷店  道の駅おかべ店、道の駅おおた店、花園ショッピングセンター

で好評発売中です!

   被災された地域のみなさまへ   

    

埼玉県深谷市には、今でも「昔ながらのもやし屋」があります。

1959年に創業。以来55年間、その栽培方法は全く変わっていません。

今では本当に少数派となった、豆の力だけで成長する「ありのままのもやし」。

青臭くて、身は細く、根は長く、豆がついたままのもやし。

 

私は生まれてからずっと、そんなもやしを見続け、自ら育て、世に送り出し、

そして日々成長するもやしの発芽する力をもらって、ここまで生きてきました。

 

ここはもやしと共に生き、もやしの熱い魂を受け継いだ私が語る、もやしの世界です。 

【もやしの物語】  

序章  もやしの原料  

第1章   芽生えの時

第2章    もやしの畑 

第3章   もやしの成長 

 第4章  もやしの旅立ち

最終章  もやしについて 

 

もやしを育てることは“ありのままのもやし”を学ぶこと。

 【“ありのままの”もやし栽培キット】

絶賛発売中です!

 

 

【もやしのえほん】

深谷育ちのもやしの兄弟も~やんもんちゃんの物語 

☆絵本の紹介記事(埼玉新聞、読売新聞)はこちらです。

 【私どもの育てたもやしのご案内】

埼玉県産在来大豆もやしについて    

☆もやし栽培に大きく影響を与える成長抑制ホルモン、

エチレンについて  

 ことなさんのプロフィール

もーやんともんちゃんのうみの親、熊谷市在住のイラストレーターことなさんのプロフィールです。

  

埼玉県深谷市のもやし屋について 

 

【もやしのレシピ集】

 

【漫画】

豆魂社長奮闘記

 

私(飯塚)が実際に体験したもやし(野菜)の実情を漫画にしたものです。今、現場では

何が起こっているのか。もやしを含めた野菜は消費者に

どのように捉えられ扱われているのか。

漫画形式で面白おかしく描かれます。 

【ブログ】

『まぼろしの「もやし」求めて・・・』

 

 

 

 

ご意見・ご質問・商品の注文などございましたらこちらへ

 

・・・・・少しずつUPしていきます。しばしお待ちを